2019.8.15

令和元年分の路線価図等が公開されました!

令和元年分の路線価図等が公開されました!

令和元年分の路線価図等が令和元年7月1日に国税庁ホームページで公開されました。

全国における最高路線価は「東京都中央区銀座5丁目銀座中央通り(鳩居堂前等)の4地点で1㎡あたり4,560万円と前年4,432万円の最高路線価額を更新しました。また、鳩居堂前は34年連続で全国最高地点となりました。

都道府県庁所在都市の最高路線価上位5都市は下記の通りです。( )は前年の金額です。
1位 東京 中央区銀座5丁目 銀座中央通り(鳩居堂前等)4,560万円(4,432万円)
2位 大阪 北区角田町 御堂筋(阪急うめだ本店前)1,600万円(1,256万円)
3位 横浜 西区南幸1丁目 横浜駅西口バスターミナル前通り1,160万円(1,024万円)
4位 名古屋 中村区名駅1丁目 名駅通り1,104万円(1,000万円)
5位 福岡 中央区天神2丁目 渡辺通り787万円(700万円)

都道府県庁所在都市の最高路線価の対前年変動率については、33都市で上昇13都市で横ばい1都市で下落となりました。

今回公開された路線価は相続税や贈与税の金額に影響を及ぼします。
弊社は相続税や贈与税の申告もコンスタントに行っておりますのでお気軽にご相談ください。